知的な印象を与えるメガネフレーム

第一印象で知的な印象を与えたいのであれば、スクエア型のメガネフレームを選ぶと良いでしょう。スクエア型というのは、顔をシャープに見せてくれることから、知的で頭が切れるという印象を与えることができます。そのため、就職活動で面接官に好印象を与えたいという学生のなかには、ラウンド型ではなく、スクエア型のメガネをわざわざ購入した上で面接に臨むという人も増えているといいます。とにかくスクエア型のメガネは良い第一印象を与えやすいことから、面接には向いているのです。また、スクエア型のメガネフレームは人気の高さもあって、フレーム自体の種類が豊富です。そのために、自分に合ったフレームを選びやすいというのも魅力ですね。

アジア人に多い眼鏡のデザイン

アジア圏に多いと言われているのが、スクエア型のメガネフレームです。台湾人やシンガポール人、それに日本人は欧米人と比べるとメガネを掛けている人が多いと言われています。スクエア型のメガネフレームは、アジア人の切れ長な目元によくマッチして、知的なイメージを与えることができます。丸メガネに比べてスクエア型のフレームのほうが視野が広くなり、実用性の面でも使いやすいとされています。そのため、学生から社会人まで、また、性別を問わずアジア人はよくスクエア型のフレームを選ぶようなのです。また、スクエア型はチタン製の高価なものからプラスチック製の安価なものまで選択肢が豊富で、選びやすいことからこのデザインを利用する人が多いです。